ネット上で知り合った友人が突然垢消ししても気にしない方が楽な件【続けることが大事】

ネット上で知り合った友人が突然垢消ししても気にしない方が楽な件【続けることが大事】

こんにちは、ましょです。最近Twitterのフォロワーが増えてきましたが、同時に減ることも増えました。不思議ですね。

僕はリアルでの友人は数人しかおらず、ネット上で知り合った方たちとの交流の方が多い人生を送ってます。

さて僕はTwitterを頻繁に触っており、夜にフォロワーの方に向けて

「今日もお疲れ様でした」

と言った内容のツイートをしています。

それだけだとちょっと短いので
その日考えてたことだったり出来事だったりを添えてます。

こんな感じです。

ましょ@9/16動画更新 on Twitter

今日もお疲れ様でした! ネット上だけの付き合いって理由なくある日突然終わりますよね、SNSに飽きたりリアルが多忙だったり様々な理由で。 相手のアカウントが消滅していてもこちらが相変わらずで過ごしてればいつかまた戻ってくるかもなので、気にするよりもまずは相変わらずでやっていきましょう。 https://t.co/0wP0j1T8mw

今日もお疲れ様でした!
ネット上だけの付き合いって理由なくある日突然終わりますよね、SNSに飽きたりリアルが多忙だったり様々な理由で。
相手のアカウントが消滅していてもこちらが相変わらずで過ごしてればいつかまた戻ってくるかもなので、気にするよりもまずは相変わらずでやっていきましょう。

この記事のタイトルにもある「垢消し」とは「アカウント削除」の意味です。

今回はネット上で知り合った人のことをあまり気にしすぎないように生きる方法を書きます。
実際にどんなことが起きるのか、どうしたらいいのかも書きますので参考程度に読んでいただければ幸いです。

ネット上で知り合った友人が突然垢消ししても気にしない方が楽な件

タイトルがそのまま結論になってますが

いなくなった人のことを気にしないで過ごすのが一番だと考えます。

「忘れろ」ではなく「気にするな」であることを頭においといてください。

楽しかった分だけしんどい

これはあらゆる「別れ」に言えることですが、今回はネット上の話。

SNSやネットゲームなどで特定の人と交流を深めると

「もしかしたらリアルの友人以上に話してるんじゃないか」

って思うくらい仲良くなる人が出来たりします。

ネット上で毎日のように交流し、顔も知らないまま数年過ごすこともあれば
意気投合してすぐにオフラインで会ったりすることも。
付き合い方は様々ですが、楽しいってことだけは確かです。

しかしそんな友人は、何の前触れもなく突然消えます。

そうなると次に考えるのは

「何で??」とか
「あの人どうしたんだろう…」とか
「もしかして自分のせい…?」とかばかりで

結果的にめっちゃ落ち込みます。

ずっといるもんだと思って色々話してたらパッといなくなるんですもの

落ち込むのも無理ないですね。

考えれば考えるほど答えのない負のスパイラルに入り込みます。

いなくなった原因があなたである可能性は低い

あなたに原因はありません。勝手に消えただけです、大丈夫です。

何か思い当たる節があったとしたら、考えすぎです。

むしろこの段階で「自分は考えすぎなんだ」と思ってください。

ただしこれはあからさまにあなたが関与し、嫌がらせをしてた場合などは除きます。異性間のトラブルなどであれば、もしも当事者であれば「何で?」とはならず原因もわかってるはず。

余計な詮索をしない、探さない

少しだけ突き放した言い方に聞こえるかもしれませんが

いなくなった相手に何かを期待してもこちらのダメージが大きくなる一方です。

いっしょに遊んだり楽しかった思い出が無駄になったわけでは決してないですが
「いない」と言う事実に対する虚無感はすごいですよね。

とはいえ今いる友人に「今後いなくなるかも」と予防線をはって全力で楽しめなくはならないでください笑 その時その時を大事にしてください。

いなくなる人の多くは、抜け殻になったアカウントを残さず
退会手続きをしてまで見事にいなくなります。

理由もなく突然消えるなんてことはそうないので
何か思うところがあり、消してると考えていいでしょう。

そんな方の事情には触れないであげるのも優しさだと思います。

いなくなったことに対して言及したい気持ちはわかります。

「あー…○○さん消えちゃったなぁ」みたいな発言ばかりしてると
その発言を見た人がさらに詮索し兼ねません。

交流のあった人たちだけでなく、いなくなった人を知らないフォロワーにまで響きます。

本人の事情はわかりませんが、もしも構って欲しくて消したのであれば
見えないところで連絡を試みてあげた方が良いです。

見える場所で心配するのは話のネタにしてるように感じる人もいます。

それでも何か書きたいのであれば
「またな!!!」くらいでさらっといきしょう。

自分が活動を続けてればいつかまた会える

いなくなった人の戻る場所として自分自身がネット上で変わらず発信し続ければもしかしたらまた再会できるかもしれません。

これまでの繋がりを全て絶ち、名前も変えて心機一転始める人もいますが
何事もなかったかのようにアカウントを作りなおしてフッと戻ってくる人だってたくさんいます。

いなくなっていたことを気にしすぎているとそんな何気ない態度にすら
「心配したのに!」みたいな感情をぶつけてしまいかねないです。

戻ってきた時は「おぉ!戻ってきた!おかえり!」って気持ちで迎え入れられるくらい相変わらずでやっていきましょう。

期待しない、気にしない

繰り返しですが、いなくなっても気にしないことを出来るだけ徹底してください。

ゲームにしろSNSにしろ、いなくなった以上こちらから連絡を取る手段はありません。LINEなど他の連絡方法があっても音信不通だったりしてヘコみます。

ここをさらに掘り下げて言うと
「既読無視だ!」とか「連絡ないけどアイコンは変わってる!」とか

そんなことを考えてる時間はしょーじき不毛ですし、さらにしんどくなります。
連絡を少し試みて、反応がないなら追撃せず撤退を。

感傷的にならず前に進む

ちょっと恋愛記事みたいなことを言いますが

いなくなった人のことを引きずって

「あの時楽しかったなぁ」と

新海誠監督の映画「秒速5センチメートル」さながらいつまでも思い出の中だけで生きてしまうよりも
今後の出会いや、ご自身の活動に重点を置いて行動していくことをオススメします。
ペースはゆっくりでもいいので、歩いていきましょう。

まとめ

いなくなってもまずは気にしない
自分は相変わらずでやっていく
自分が活動していればまた会えるかもしれない

前向きに送り出し、いつでも戻ってこれる場所であり続ける

ネットって名前を変えると探すのが困難になるので名前やIDを頻繁に変えないのもポイントです。
SNS以外にも、定期的に更新するブログや動画、音声配信チャンネルを作っておくとあなたの活動を見守ってくれてるかもしれませんね。

いずれにせよポジティブに変換していくのが得策です。

根が心底ネガティブな僕からのアドバイスは以上になります。

LIFEカテゴリの最新記事